2013年02月27日

西武101系ワンマン車(241F)

25日に出場したばかりの西武101系241Fを早速模型化してみました。
元々は先日実車を撮影した253Fを作ろうとしていたのですが、まさかの変形車出場ということで完成直前で屋根だけ作り直して再現しました。

Top

なんといってもベンチレータの無いツルツル屋根が特徴です。
ベンチレータを別付けするつもりで一旦ベンチレータの凹みを埋めて取付穴を開けたのですが、穴を埋めなおすという二度手間が発生(汗)う〜む・・・。

Zenmen

前面はこんな感じ。
種別幕を埋めてワイパーを取付けました。(ガラスのワイパーモールドは削り落としてコンパウンドで磨いておきました)

Side

方向幕・車椅子マーク・ドア標記は銀河のステッカーを、車番はインクジェット用メタリックフィルムに文字を印刷したものをそれぞれ貼り付けました。
ドア標記は今回初めて試してみましたが思った以上に良い感じです。
ただ貼るのに相当の根気が必要なので、過去作への展開は一気に出来そうにありません。
スカートは銀河のパーツを使用し、ダミーカプラーはGMのパーツを使用しています。

Panta

パンタ車の屋根・妻板では鉤はずし装置の撤去と、電磁鉤はずし化に伴う配管の変更を行いました。
この辺は241Fの実車を確認していないのですが、既存のものと同じかと思います。
パンタは手元に大量に余っているGMのPT71を使用しました。
元のパンタ取付穴がそのまま使えるので便利なのですが、もう少し線が細ければ良いのになぁと思う次第です。

Yukashita

最後は残った課題。
急ぎで仕上げたので床下まで手が回ってません(汗)
ワンマン車は補助電源装置がSIV化され、コンプレッサも新型になっているのですが、部品だけ調達したところで止まってます。
近々取り付けて床下を全塗装する予定です。

posted by 工場長 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型(N)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104533727

この記事へのトラックバック