2015年01月09日

7D2トライアル撮影(その1)

昨年から持ち越しになっていた7D2のトライアル撮影に行ってきました。
高速連射性能とAIサーボの捕捉力が一番気になるところであったので、やはり新幹線を撮るのが一番!
ただ妻が車を使う用事があったため歩きでの撮影となり、場所選びで悩んでしまいました。
友人のアドバイスを参考に那須塩原〜新白河のお立ち台なら徒歩移動可と判断し、高久駅を目指すことにしました。
高久といえば在来線のお立ち台としても有名な駅であり、せっかくなら貨物でも撮っておこうかと考えたのですが、よくよく調べると北斗星の時間にギリギリ間に合いそうなことが判明!
まさかの始発の新幹線での出撃となりました。
JZ2A0041.JPG
いまや貴重な存在となったR編成が充当されるやまびこ202号。
所定U+R編成ですが、R編成に予備がないため、R編成検査時等はU+Z編成に変更されます。

新白河2分乗り換えで2124Mに飛び乗り、高久で下車。
今日は北斗星が30分程度遅れていたため余裕で先回りできましたが、定時で来ると続行かもしれません。
北斗星の前に一発試し撮りしたいなぁと思ってた矢先にはるか彼方から金太郎のブロワー音が。
新ロジックAIサーボの実力を見せてもらおうではないか!と、測距エリア自動選択で挑戦。
JZ2A0057.JPG

続けてまた貨物。
JZ2A0073.JPG

背面モニタでは大体ピントが来ているように見えましたが、被写体が長いせいか最初に前面を捉えるのに若干迷いがあったのが気になりました。
北斗星でピントをはずすと痛いので、直前に来る2126Mでゾーン選択も試してみました。
こちらはゾーンにかかってから半押しして一発で正面に合焦!
30Dだと瞬間的にピンを合わせられない場合があったので、勝負の時は必ず置きピンしていたのですが、在来線の速度でθ=0の構図ならその必要は無いかもしれません。

さて、いよいよ本番の北斗星。
先ほどの実績を信じてAFゾーンに前面がかかった瞬間にレリーズボタンを押し込むと、前面を捕捉してAF追尾開始。
秒間10コマの高速連射はあっという間に連続書き込み上限枚数19枚(RAW+JPEG)に到達しました。
JZ2A0092.JPG
被写体が画面から飛び出さない構図だといくらでも追えてしまうので、連射しすぎに要注意です!

最後に振り返りざまに後部も撮って、高久駅での撮影は終了。
JZ2A0106.JPG

モニタを見る限りEH500の時よりピンが合っている写真が多いように感じました。
始発で来た甲斐あったな〜となんとなく満足して、次の新幹線撮影に続きます。
posted by 工場長 at 23:59| Comment(0) | 撮影
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: