2013年10月21日

鉄コレ 箱根登山鉄道モハ2

昨年に引き続いて発売された箱根登山鉄道の事業者限定鉄コレですが、今年はモハ2ということで新規金型で登場しました。

Box

左:昨年発売のモハ1
右:今年発売のモハ2

早速開封して連結させてみました

_dsc5087

現行仕様ということで左の金太郎塗りはドアが塗装され、右の標準塗装の方はドアがステンレス無塗装になっています。

金太郎塗りの108号車はライトが大型化されているのが特徴です。

_dsc5092

一方の109号車は小型のライトを装備しています

_dsc5095_2

昨年発売のモハ1と比べるとドア点検蓋のモールドが追加されたり、ステップ面の高さが変えてあったり、乗務員室扉脇の手すりが塗装してあったりと一見同じようで、細かい部分をきちんと作り分けてあります。
最近の鉄コレは作りこみが細かくて驚くばかりです。

さて、製品を店頭で見たときに気になったのがオレンジの色味の違いです。

_dsc5096

左が今回のモハ2、右が昨年のモハ1です。
オレンジの色がぜんぜん違います。
個人的にはモハ1と同じで良かったんじゃないかと思いますが、わざと変えたのでしょうか?
せっかく良くできているので表現を統一してくれればなぁと感じるところです。

さてパンタはTOMIXのPT4816-AMを使いたいところなのですが、市場在庫が無いので困ったものです。
とりあえずモハ1はKATOのPT4806-B-M、モハ2は余っていたTOMIXのPT8002の上半分をGMのPT48(旧製品)と挿げ替えたものを使用しています。
動力化を含め、時間を見つけて少しずつディテールアップしていこうと思います。

posted by 工場長 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型(N)

2013年04月07日

本店更新

3ヶ月ぶりに本店を更新しました。
最近は作って終わりというパターンになりつつありますが、思いがけず時間ができたので2つアップしておきました。

西武新101系(ワンマン改造車)
241f

西武新2000系(更新車)
Seibu2000n_renewal

他にも小ネタはあるのですが、西武ばっかりになってしまうので自粛しておきます。
津軽鉄道DD352とか完成させてしまいたい気持ちもあるのですが、どうしてもこの時期は優先順位があるので後回しになってしまいます。

そういえば今年はTMS Nコンペの年でした。
何か良い物ができれば出したいところです。

posted by 工場長 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型(N)

2013年02月27日

西武101系ワンマン車(241F)

25日に出場したばかりの西武101系241Fを早速模型化してみました。
元々は先日実車を撮影した253Fを作ろうとしていたのですが、まさかの変形車出場ということで完成直前で屋根だけ作り直して再現しました。

Top

なんといってもベンチレータの無いツルツル屋根が特徴です。
ベンチレータを別付けするつもりで一旦ベンチレータの凹みを埋めて取付穴を開けたのですが、穴を埋めなおすという二度手間が発生(汗)う〜む・・・。

Zenmen

前面はこんな感じ。
種別幕を埋めてワイパーを取付けました。(ガラスのワイパーモールドは削り落としてコンパウンドで磨いておきました)

Side

方向幕・車椅子マーク・ドア標記は銀河のステッカーを、車番はインクジェット用メタリックフィルムに文字を印刷したものをそれぞれ貼り付けました。
ドア標記は今回初めて試してみましたが思った以上に良い感じです。
ただ貼るのに相当の根気が必要なので、過去作への展開は一気に出来そうにありません。
スカートは銀河のパーツを使用し、ダミーカプラーはGMのパーツを使用しています。

Panta

パンタ車の屋根・妻板では鉤はずし装置の撤去と、電磁鉤はずし化に伴う配管の変更を行いました。
この辺は241Fの実車を確認していないのですが、既存のものと同じかと思います。
パンタは手元に大量に余っているGMのPT71を使用しました。
元のパンタ取付穴がそのまま使えるので便利なのですが、もう少し線が細ければ良いのになぁと思う次第です。

Yukashita

最後は残った課題。
急ぎで仕上げたので床下まで手が回ってません(汗)
ワンマン車は補助電源装置がSIV化され、コンプレッサも新型になっているのですが、部品だけ調達したところで止まってます。
近々取り付けて床下を全塗装する予定です。

posted by 工場長 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型(N)