2012年10月14日

津軽21をつくる(その1)

作りかけを増やしてばかりですが、キッチンのNDCキットをベースに津軽21を作ります。
Body_3

キットは乗務員室扉が無いものをプロトタイプとしていますが、津軽21には扉があるのでオプションのドア付き側板を切継いでいます。
客室窓は固定窓になっているのでサッシをすべて削り落としました。
乗務員室扉と側引戸の脇にある手すりは洋白線で作り直し、前面下部のジャンパ栓受は埋め込んでおきました。(ジャンパ栓受は-103以降廃止)

・・・とここまでは8月の話でして、10月14日現在このような状態になっております。

P1060038

屋根上のホイッスルカバーは岳南ED403などと同様に真鍮板と真鍮線を使って自作しています。
車体はキャラクターイエローにオレンジを混ぜたもので塗装し、窓周りはニュートラルグレーに黒を加えたもので塗装してあります。
実車を見る限り黒ではないのですが、新造時はどうだったのか不明です。
オデコのライトはキッチンの改造パーツ集のものを使用しますが、前面の塗り分けの都合で後貼り付けた方が良さそうです。

平行して製作している東武20000系も床板は完成しているので、塗装できるものは天気がいいうちにやっつけてしまいたいです。

posted by 工場長 at 04:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型(N)

2012年09月19日

トミックス 小田急7000形LSEを整備する

なぜか一度きりの生産で、以来6年近く生産されていないTOMIXの小田急7000形LSE(リニューアル品)ですが、たまたまオークションで出品されていたものを見つけたので落札しました。
元設計は30年近く前なので、リニューアルされたとはいえ現代の製品と比べると劣る部分が多いのですが、実車の印象はよく捉えられています。

さてこの製品の愛称表示器ですが、相変わらずのシール式でしかも微妙にカーブしていて切り出すのが難しいのです。
何か良い方法はないかと考えたのですが、手持ちのスケールの端部がジャストフィットしそうなことに気付きました。

P1060029

実際に当ててみると、狙い通りほぼ一致!!まさかこんなところで使えるとは・・・。
ただ経年で剥がれてしまいそうなので、愛称表示器のパーツをはずして縁をシルバーでタッチアップしたあと、シールの上からフィニッシャーズのオートクリアーを分厚く吹いてコートしておきました。

P1060035

いやーなかなか良いじゃありませんか!
せっかくなのでもう少し手を加えて、なんちゃって現行リバイバル仕様にしてみます。

_dsc0871

VSE用のブランドマークを作ったときに同時に製作したインレタがようやく日の目を見ました。
これを窓下に貼って、パンタもPT7113Bに交換したのがこちら。

P1060037

厳密にはサハ7050(7150)が車椅子対応となった関係でドアが拡大されているのですが、そこは目を瞑ることにします。
新塗装でこの車両の金型は新規に起こされているので、いつかリバイバル塗装の製品が出るのではないかと思っています。
同時にライト周りをもう少し改良してくれるといいのですが・・・。
先日撮影した実車の映像もつけておきます。

posted by 工場長 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型(N)

2012年09月18日

Nパークとだ

8月にオープンしたばかりの新しいレンタルレイアウト店「Nパークとだ」に行ってきました。

Img_2075

実際行ってみるとわかるのですが荒川の土手脇の細い道路に面したところで、ちょっとわかりにくいところにあります。
住宅街の中にあるので車で行く場合は注意しないと行き過ぎてしまいそうです。

お店に入ると巨大なレイアウトが展開!
9番線まであって、それぞれに待避線と電留線が数本用意してあるので車両を大量に持ち込んでも大丈夫なのが嬉しいところです。

_dsc0879

一周20〜40mとゆったりした配置で、一番長いホームは新幹線フル編成に対応しています。
勾配は最大3%とのことなので12両1Mでもなんとか上りきれます。

_dsc0880

実際に走らせて感想として、カーブや勾配に無理が無く、電留線も電圧降下が少なくて快適な感じです。
駅部に進入するポイントで少々不安定な部分もありますが、ゆっくり走らせればまず大丈夫でしょう。
ご主人曰くKATOカプラーだと勾配区間で時々解放してしまう事があるそうなので、TNカプラーかアーノルドカプラーの方が安心とのこと。

ビデオ撮影も試みたのですが、線路やストラクチャーの影になってしまう部分が多く、なかなかきれいに撮れませんでした。
とりあえず駅部のみですがどうぞ

posted by 工場長 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型(N)