2011年02月21日

年末年始特別企画(その9)

プライマー処理が終わったところで今度は床板の工作。

P1050775

12400系はGM完成品12200系用の床下機器パーツをそのまま流用しましたが、12410系は微妙に異なるので適宜並べ替えてそれらしく作っておきました。

スカートは当初付属品を加工して使う予定でしたがボディーマウントTNを付けるために切り刻んでいくと強度が保てなくなってしまい、完成品のスカートパーツを流用しました。

いよいよ残すは塗装だけです。

posted by 工場長 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 近鉄

2011年02月06日

年末(年始)特別企画(その8)

車体の加工が済んだので、今日は自作した屋根上配管や台車、パンタなどのプライマー処理を行いました。

P1050759

台車は12410系がGMのKDタイプ、12400系がクロスポイントのKD71を使用しました。
パンタは前者がKATOのPT4806-B-M、後者はGMのPT42(リニューアル品)です。
写真左上のものはサ12560の床下クーラーに使用するキッチンNのパーツ。

いつもならなら台車や金属パーツにはシールプライマーやエッチングプライマーを使うところですが、今回はガイアのマルチプライマーを使ってみました。

P1050761

噂ではかなり食い付きが良いらしいですが、効果のほどはいかに?!

posted by 工場長 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 近鉄

2011年02月02日

年末(年始)特別企画(その7)

前回までで配管を終わらせて、もう少しで車体の塗装です。

P1050750

が、その前に屋根と側板の合わせ目などにサーフェイサーを塗りこんで隙間を埋め込み、ペーパーをかけて仕上げておきました。
こういうところが塗装したとき目立つものです。

ついでにヒューズ箱を完成品の12200系のものと交換しておきました。
こちらは最近の製品だけあって大小の差や端面の形状など的確に再現されています。

さてここで今回クーラーの切り継ぎで使用した工具を紹介したいと思います。

P1050757

▲シモムラアレック ハイパーカットソー0.1

刃の厚さが0.1mmしかなく、アサリも無いのでほとんど切りシロがいりません。
実際使ってみると恐ろしく良く切れる上、切断面がホントに綺麗です。
P1050753

▲垂直に切れていればヤスリを掛ける必要は全く無いです

大きさもちょうど良く、一度使えば手放せない工具です。

posted by 工場長 at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 近鉄